脚本家と著作権の密接な関係とは?

映画やテレビドラマのために、自分が脚本を書いた作品がDVD化や書籍化されると、著作権が発生します。

著作権は、「あなたが作った作品を、使わせてください」という意味で、芸術などの文化を守るためにあるものです。

スポンサーリンク
kyakuhonka-infoレクタングル大

目次

脚本家の書いた作品には、著作権が発生する

脚本家の書いた脚本には、著作権があります。

少し難しいですが、著作権とは、形を持たない無体財産権のことです。

つまり、形のない知的財産に対して、発生するのが著作権です。

主に著作権が発生するのは、書物、絵画、映画、音楽など、主に芸術作品に対してです。

「あなたが作った作品を、貸してくださいね」という意味で、ロイヤリティとしてお金を払うのが、上映料や二次使用料などの印税です。

誰かが作った映画を勝手に上映したり、誰かが書いた本を許可なく出版したりすると、著作権によって法律で罰せられるのです。

作品を作った人が売り上げをもらう権利があるため、著作権や印税があるのです。

脚本家は著作権により印税を受け取れる

脚本を書いた映画やテレビドラマが、DVDなどのソフト化をしたり、小説や関連書籍などが出版されたりすると、著作権により印税が発生します。

脚本家には脚本を書いた時にギャラが支払われますが、著作物が発売されると、印税も支払われます。

脚本家の印税は、脚本を書いた作品がテレビで放送された場合は、脚本料の50%に相当する使用料が支払われます。

DVDの場合だと、1本につき基本的に定価の1.75%で、DVDが4000円だったとしたら、10万部の売り上げなら700万の印税が入ります。

小説や関連書籍の場合だと、1冊につき定価の15%以内で、出版社や契約の内容によって、印税の比率は変わります。

作品が大ヒットすれば印税がたくさん入り、より収入が増えるのです。

脚本家の印税は、人によって大きく違う場合もありますが、副業として小説を出版したりする際に、印税は重要な要素になってきます。

著作権や印税については、何かと覚えておいて損はないと言えるでしょう。

まとめ

○ 形のない知的財産に対して、発生するのが著作権
○ 脚本家の書いた脚本には、著作権がある
○ 「あなたが作った作品を使わせてください」という意味で、支払われるのが印税

著作権については色々と難しいことも多いですが、二次使用料などの印税は脚本家にとっても大切な収入源になることもありますから、知っておいたほうがいいでしょう。

著作権や印税についての知識があるかないかで、収入が変わってしまったりすることもあるので、契約などはよく確認したほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク
kyakuhonka-infoレクタングル大

kyakuhonka-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする